企業ロゴ

コンクリートについて

コンクリート


コンクリートとは、水、砂、砂利をセメントなどの糊状のもので練り固めた建造資材です。
一般的に「コンクリート」と呼ばれる際には「鉄筋コンクリート」のことを指します。

鉄筋コンクリート


強度を上昇させるために、内部に鉄筋を埋め込んだコンクリートを鉄筋コンクリートといいます。

押す力(圧縮力)に強いコンクリートと、引く力(引張力)に強い鉄筋を組み合わせることで強固な建造資材となります。

近年着手されたコンクリートには、ほぼ必ず鉄筋を埋め込んだ鉄筋コンクリートが使用されています。

鉄筋コンクリート画像

PC(プレストレストコンクリート)


鉄筋コンクリートを圧縮してひび割れに強くしたものです。

鉄筋コンクリートは大きな力が加わると、耐えはするものの、ひび割れてしまいます。そこであらかじめ圧縮力を加えて緊張させることにより、ひび割れをしない構造になるのです。

主に定期的に大きな力がかかる構造物、例えば橋や枕木、防波堤等によく使用されます。

コンクリートセグメント


シールドトンネル工事において壁に貼り付けるコンクリートのパーツのことです。

一般的に扇状の形をしており、単純に「セグメント」と呼ばれることもあります。

セグメントの規格は、
トンネルの直径×セグメントの幅×セグメントの厚さ」で表されます。

セグメント画像

コンクリート二次製品


工場で製造するコンクリート製品全般を指します。
コンクリートセグメントもコンクリート二次製品のひとつです。

元々コンクリートは工事現場で造るのが基本でした。しかし、前もって工場で部品を製造することにより、

・ミキサー車での生コン(固める前のコンクリート)の運搬が不要
・現場でコンクリートを固める作業が不要
・既に固まっているため雨の日でも作業が可能
・工場設備で製造するため品質が上昇

などの利点があり、作業効率、コスト、品質の3方面を大きく改善することができます。