大東工場

HOME>大東事業所

大東事業所

概要

プレキャスト工法は、専用工場においてあらかじめコンクリート製品を製作した後、 現場へ運搬して設置を行う工法です。頭文字から、PCもしくはPCaの呼称が用いられますが、 PCの略称が用いられるプレストレスト・コンクリートと区別するためPCaの略称を使用することがあります。プレキャストコンクリート製品は、 しばしば運搬可能な大きさに分割されることがあり、分割された製品をプレキャストセグメントとコンクリートセグメントと呼びます。

鉄筋カゴの製作は静岡スチール

                    

コンクリートセグメント鉄筋カゴの製作

当工場で製作している製品(鉄筋カゴ)は、主にシールドトンネル工事で使用するものです。
トンネル本体が分割されたブロック(セグメント)を組み上げることに構築される仕組みです。軟弱地盤でも掘り進むことができ、 またセグメントを工場で大量製作することによりコスト削減が図れ、技術も進歩してきているため、最近の地下鉄、道路(主に都市内)、 共同溝、下水道、地下水路、地下河川などのトンネル工事ではシールドトンネルが多く採用されています。
鉄筋カゴの製作は静岡スチール